未分類 2018.06.07 (木)
前日のワインが効いて(^_^;)
二人して寝坊~

この日の天気予報は、雨
それも大雨になる、とのこと。

さて、どうしようか?と悩むも
朝の時点では曇り。
行くだけ行ってみようとなりました。

この日の目的地は
ローマから東に約30kmのところにある

ティボリ(Tivoli)


ここには2つの世界遺産があります。

ヴィッラ・アドリアーナ(ハドリアヌス帝の別荘)

ヴィッラ・デステ(エステ家の別荘)


ヴィッラ・アドリアーナは、アクセスがあまりよくないとのことで
下調べはしていたけど、ちょっとドキドキものでした。


まずは、テルミニ駅の売店で
麒麟と散歩

「BIRG」チケットの ZONE3を購入。
(チケット真ん中のぼかしは、相方が日付を書き込んでいたので

これは、
ローマ市内の市バス・地下鉄
これから向かうティボリ市へ向かう
COTRAL社のバスが1日乗り放題となります。

8ユーロでした。


地下鉄B線 Rebibbia方面行きに乗車
終点より一つ手前の、ポンテマンモーロ駅で下車します。

駅は地上駅。
降りるとすぐ、バス乗り場がありました。


「地球の歩き方」や、他のブログなどで
「地上に上がった所にバス停がある」という記事を見ましたが、

バス乗り場は、地下鉄の駅の改札を通るとすぐでした。

麒麟と散歩
青い車体のバスが止まっていて
上の画像はイタリア政府観光局のHPからお借りしました。

この青いバスが、COTRAL社のバスです。

ちょうど、車体に、「Tivoli」の文字が見えました。

運転手さんに「ヴィッラ・アドリアーナ?」と聞くと
頷いたので、乗車。
すぐ出発しました。

乗客は、ほとんどイタリア人、
観光客は乗っていないように思えました
(あとから、一組乗っていたのが分かりました)。

9時を過ぎていたからか、乗客はそれほど多くはありません。

車窓、今まで見てきた
古いローマの町並みとは違い

日本の幹線道路沿いと、あまり変わらないような景色。

自動車ディーラーや
大きなパーキングのあるレストランやスーパーがありました。
観光客があまり行かない、普通のイタリアの人たちの
生活の一部が、垣間見えたような。。。



イタリアに行ったことがある方はご存じでしょうが
バスに乗ると、停留所のアナウンスがありません(^_^;)

地元の方々は、アナウンスがなくても
わかるんですかねーーー


なので、運転手さんや、まわりの乗客に聞くしかないという・・・
語学未熟者には、ハードルが高い~(汗)

運転手さんには、
「ヴィッラ・アドリアーナ近くで降りたいので
停留所についたら、教えてください」

というような意味の
イタリア語を書いたメモを見せて

なんとか頷いていただいたので・・・(^_^;)

運転席のすぐ近くに座り、ちょっとドキドキ・・・

バスに乗って40分たったころかな

運転手さんが私たちの方を振り返り

周りの人たちも、窓の外を指さして
身振り手振りで、何かを伝えてくれてます。

何を話しているのか、わからないけど

どうやら、ここで降りて、すぐの道を曲がれ!!って
言ってくれているようで

お礼を言ってバスを降り

バスから降りても、運転手さんや乗客が
道を指さしてくれてました(^^)
みなさん親切やわー



グーグルマップの画像を張り付けておきます。
私たちの降りたところは、Via Venezia Tridentina というところ。

ピザ屋さんの前にわかりにくいけど、ポールが立っていて
それがCOTRAL社のバス停です。

ピザ屋さんの向かいの茶色い建物前に
ヴィッラアドリアーナへの地図がありました。





ピザ屋さんの角の道を右に曲がります。
(運転手さんや乗客の皆さんが指をさして教えてくれた道でした)

住宅街をしばらくまっすぐ歩きます。

まっずぐ進むと、突き当りにでました。

わかりにくいけど、正面の柵に
「Villa Adriana →」表示があります。

突き当りを右に曲がって
1ブロックしたら、4つ角にでます。



通りを渡って、大きな木の下に
ヴィッラアドリアーナへの表示があります。
表示通り、左に曲がります。

進行方向、右手に、大きな公園?グラウンド?のようなところを見ながら
ロゾリーナ通りを南進します。

しばらく行くと、T字路にあたります。



正面は、幼稚園?、子供用遊具を置いている施設で
また、ヴィッラアドリアーナへの表示があります。

表示通り、右に曲がります。
まっすぐ進むと
カーブになった下り坂。
まわりは鬱蒼とした森のよう。
坂を下ると

麒麟と散歩

こういう風景になります。

左手に
麒麟と散歩

観光バスが止まっている駐車場が見えてきました。

ここまでくると、もうすぐ。

エントランスに着きました!!


バス停からだいたい20分くらい。1キロ以上あるかな。
曲がり道は多いけど、曲がる角ごとに

麒麟と散歩
こういう表示があったので、
迷うことなく、すてすて進めました。



ヴィッラアドリアーナへの、バス停からのアクセスは
いろんなブログ、口コミなどチェックしたのですが、
わかりにくい、町の人に聞いたとか、書かれている事が多くて、

同じティボリ方面行きのバスでも、ルートがいくつかあって
最寄りのバス停が変わるのかもしれません。

ヴィッラアドリアーナに一番近いところに停まるバスは
本数が少なく、私たちはそれには乗れませんでした。

今回、一番参考にした、
イタリア政府観光局のHP

Travel jp.の投稿サイト

こちらに掲載されている、景色と
私たちが歩いた道が、違っていて


家に帰ってからGoogle Mapで調べたら
降りたバス停が違っていたようです。

上記二つのサイトでは


私たちが降りた道より、少し、ティボリ方面に進んだところにある、

Via Villa Adriana(ヴィッラ・アドリアーナ通り)周辺で
降りることになっている説明のようです。
グーグルマップ画像の正面に見える山が
ティボリ市街方面です。

バスの運転手さんによって降りるところの指示が違うのかなあ(汗)
こちらからの方が、曲がることが少ないのですが
標識も少ないようです

いずれにしても
ポンテマンモーロ駅からティボリ方面行き、
Tiburtina通りを走る、最も本数の多いバスに乗れば
いずれかの、バス停まで連れて行ってくれるかと思います(^_^;)

さて、ヴィッラアドリアーナへ入場します。
続きます(^_^;)


スポンサーサイト
未分類 2017.09.17 (日)
先週、土曜日に丹波篠山に行きました。

麒麟と散歩

麒麟と散歩

IMGP2888[1]

篠山城跡の石垣、
野面積み、穴太衆だねーーって、穴太衆しか知りません^^;

城造りの名手、藤堂高虎が指揮を取ったので、
さすがの石垣
美しいです!

麒麟と散歩


篠山城は、もともと天守閣がなく
大書院という建物があったそうです。
明治以降も残されていたけど、昭和19年に火災により焼失。
平成12年復元されたそうです。
麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩
内部、新しく大変きれい、映画のロケにも使われているそうです。

大書院を出て、
麒麟と散歩

麒麟と散歩
堀沿いを少し歩きます。
秋の気配が感じられます(でも暑かった)

麒麟と散歩
天気が良くて、空が水面に映えます。


麒麟と散歩
武家屋敷、安間家史料館
こちらでお茶菓子いただきました。


お昼、かなり遅くなったのですが、
麒麟と散歩
雑貨ふぇ 篠っ家

麒麟と散歩
こちらでランチ。
相方が頼んだ、ハンバーグとスペイン風オムレツのランチ。
大変おいしかったそうです!
ちなみに私はコーンのサンドイッチ、こちらもおいしかった(^^)

麒麟と散歩
青山歴史村

麒麟と散歩
歴史美術館
といった古い資料館をまわって(共通入館券がお得)

この地域の氏神様、春日神社
麒麟と散歩

麒麟と散歩
絵馬堂にかかっていた黒い絵馬、飛び出して、豆を食べに来たという伝説があるのだとか。
なかなか迫力がありました。


もう陽もくれてきましたが
京都への玄関口であった、河原町
麒麟と散歩

麒麟と散歩
古い町並みが残っています。
お店も閉まっていて、人通りはほとんどなかったんですが、
ぶらぶら歩きました。
麒麟と散歩

秋にはイノシシ鍋を食べたい!と相方。
また来れるかな。




未分類 2017.05.21 (日)
先日、長居公園にある自然史博物館へ。

石は地球のワンダー展


麒麟と散歩
リチア輝石がどどーんとお出迎え。

麒麟と散歩
灰ばんざくろ石。ほんとにザクロみたい~

麒麟と散歩
こちら魚岩石。

麒麟と散歩
大好きなスモーキークォーツ。
こんな大きな石を家に飾りたい

麒麟と散歩
これは蛍石。とても神秘的で美しい。

写真も撮り放題という、太っ腹

とても大きな標本ばかりで、見ごたえがあります。
また行こうかと思ってます。
6月4日まで。


で、昨日は、奈良まで。
麒麟と散歩
奈良国立博物館、快慶展です。



麒麟と散歩

こちらは、展示物は、撮影不可です。それが当たり前なんですね(^^;
外国の人も多く見に来られてました。

「巧匠アン阿弥陀仏」と称していたように、阿弥陀仏信仰者だったという快慶。
多くの阿弥陀仏が展示されていました。

相方、「もう阿弥陀さんはお腹いっぱいや~」と失礼なことを申してました(^^;


麒麟と散歩
私的には、大好きな孔雀明王さまにはお会いできませんでしたが

麒麟と散歩
とってもかっこいい、深沙大将立像にお会いできました。迫力満点でした!
(どちらも高野山霊宝館所蔵です)

麒麟と散歩
快慶作の、かっこよく凛々しい、文殊菩薩さま。
奈良の安部文珠院のご本尊。
こちらは今回展示はないそうです。
しっかりチラシが置いてました(^^;

麒麟と散歩
快慶展を見終えて、次は、なら仏像館へ。
こちらは、多くの重要文化財クラスの仏像が展示されています。

お寺のご本尊として、昔は信仰されていただろう佛さま。
昔は、人々のどんな思いを受け止めてこられたのだろう・・・なんて
思ってみてましたが

ここ、ほんとに、たっくさんの仏像が展示されているんで

何度来ても迷子になりそうです(^^;

見終わったときは、二人してちょっとフラフラでした(^^;
見ごたえありすぎ(^^;

春日大社に参拝しようかとも思ってましたが、
さっさと帰路につきました(^^;
未分類 2017.04.18 (火)
日曜日、よいお天気
京都へ。

まず、仏光寺。
麒麟と散歩
境内の枝垂桜、りっぱです。

麒麟と散歩
ハトさんがなんだか自慢げに見えます(^^)

そして、本日のメインの一つ、
龍安寺。
麒麟と散歩
有名な石庭の桜は、ほぼ葉桜。

ですが、庭園の枝垂桜が
麒麟と散歩
見ごろ。

麒麟と散歩

麒麟と散歩
地面も淡いピンク色。

麒麟と散歩

他の花々も
麒麟と散歩
たぶん梅?

麒麟と散歩
こちらは桃、

麒麟と散歩
椿

麒麟と散歩
これは、カスミソウ??

麒麟と散歩
ボケの花も。


麒麟と散歩
庭園内の池も、桜が写りこんで、きれいです。

さすが、龍安寺、インターナショナルに賑わってました(^^;

石庭、実は私は初めてでした(^^;

ガイドさんが、「心を静めてゆっくり観覧してください~」なことを
おっしゃってましたが、
さすがにすごい人で、心を静めるのは、難しかったですが(^^;
やはり、美を探求した石庭なんだなあと、しみじみ。
シーズンオフにでも、拝観したいと思いました。
麒麟と散歩



次は、妙心寺へ
退蔵院が特別公開中。
麒麟と散歩
回遊式庭園、余香園(よこうえん)内の枝垂桜、見ごろでした。

麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩


麒麟と散歩
余香園は850坪もある、昭和に造られた池泉回遊式庭園。
とても広々とした
そして季節の花が楽しめる庭園でした。

麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩



未分類 2017.01.16 (月)
新年あけました!!

新年は、
麒麟と散歩

おいしいワインを飲み~

麒麟と散歩
月と金星の写真を撮りました(^^)
左端に写っているのが、たぶん金星(^^;

麒麟と散歩
で、月のすぐそばの赤いポッチ、これは火星だろうか??
それとも衛星かなにか?
と考えたり(^^;


家人の実家で
麒麟と散歩
おいしいステーキを食べに行き


先週の3連休は
私の実家の家族と一緒に
麒麟と散歩
和歌山、湯浅や白浜に行き

帰りに
大雨の中
麒麟と散歩
熊野詣での中辺路

麒麟と散歩
そして、熊野本宮へ参拝。

少し小雨になった時に
麒麟と散歩
大好きな大斎原(熊野本宮の元の社のあったところ)にも
参拝できました!

麒麟と散歩

温泉&熊野詣、しかも大雨の中!という
クリアリングがいろいろ出来た新年早々でした(^^;