2015.06.10 (水)
『騎馬民族は来なかった』佐原 真著
という本を読みました。

たまたま目についたから読んだ、だけでしたが、

大変、分かりやすく、腑に落ちることが多い内容でした。


『紀元四、五世紀のころ、北アジアの遊牧民の流れをくむ騎馬民族が
日本を征服して王朝をたてた(本書「はじめに」より)』という学説を、

戦後間もない頃にとなえた江上波夫氏に対する反論、だそうですが、

え、そんな説あるの~~!?程度の超初心者なアタクシでも分かる内容でした。


よく、日本は農耕民族で、ヨーロッパは狩猟民族だ、と言われますが、
実際はそうではない。

日本の農業の歴史は世界史的にも遅いのだそうです。
日本は食料採集の時代が長く
ヨーロッパや中国に比べて六千年ほど遅れて農耕を始めたそうです。

考えたら、現代でもドイツやフランス、アメリカだって食料自給率は高いですもんね。

そして、日本では、農業といえば、食料栽培を主としますが

これは世界的に見ても少数派だそうです。

農耕をやりながら、ヤギ・ヒツジ・ウシ・ブタなどの食用家畜を飼っているのが
世界の主流なのだそうです。

日本では牛や馬を野良仕事で使うことはあったけれど、
食用として飼っていた訳ではなかった。

それから、畜産農民と非畜産農民の食の違いや

去勢の歴史に及びます。

日本では、去勢の知識が到来していても
広まることはありませんでした。

1725年、江戸時代に、去勢の技術知識が伝わってきたそうです。

畜産農民や遊牧民は、
群れ動物を扱うので、
結婚シーズンを迎えて気性が荒くなる動物を従順にするため、
安全に家畜を維持管理をするため、
去勢を行っていたのです。

非畜産農民である日本では、長く、その知識は必要がなかったんですね。

犬や猫と暮らすと
避妊去勢がいかに大事か、分かるのですが、

私も少しためらいがありました。
何て残酷な!と受け入れられない人も、
日本では今もいるのではないかと思います。

ですが、畜産農民としての歴史が長いヨーロッパ人は
人と暮らすためには、避妊去勢は必要だと、わかっているんでしょうね。。


他にも、畜産農民や遊牧民と、非畜産農民である日本人では
犠牲や血に関する考えが違うことなど、
とてもわかりやすく解説されてました。


最近スピリチュアル系の本ばかり読んでいて、
ちょっとバランスが悪いなーと思って、読んだ本でした。
こういう民俗学的アプローチは、自分の身近な生活にも関わることだから
読んでいて面白いです。


スポンサーサイト
2014.09.08 (月)
アロハ!  ヒューレン博士とホ・オポノポノの言葉アロハ! ヒューレン博士とホ・オポノポノの言葉
(2013/03/01)
平良アイリーン

商品詳細を見る


先日読み終えた本。

今まで読んだ、ホ・オポノポノの中で
一番わかりやすかったです。

博士の講演会やセミナーにも行ったけど、

博士の動きがエレガントだなーと思ってました。

そのことについて、著書である平良アイリーンさんが

「博士のまわりにあるさまざまなモノたちは、自分の存在をやっと認めてもらえたことに
喜んでいるように見える。博士の静かな優しさで、声を持たない存在がキラキラと、
そのいのちをもう一度輝かせてもらっているようにわたしには見える。(P135)」

と、書いていて、

あ!なるほどーーと思い至りました。

博士は、ご自身の目に入るものすべてを
慈しみながら、クリーニングしているんですよね、きっと。

クリーニングって、
単なる浄化ではないんだなーと。

ずっと、嫌な感情を浄化する作業とばかり
勘違いしていたけど、

ジャッジを手放して、

より、ニュートラルに、

より、今の瞬間にいる、

そのことに意識的である

そんな作業なんじゃないかな、と感じました。




「記憶中毒」という言葉がでてくるけど、

本当によく私は、過去の事、どんなことがあったか、どう感じたか

そんなこと、ぐるぐる回っていたりします(汗)

だから、目の前の事に気づかなかったり、
上の空だったり・・・


この本を読んで、クリーニングを思い出して、

常に内なるウニヒピリとともにいようと、心がけています。

すぐ、記憶の海に、漂いまくってますけどね(汗)

それでもクリーニング、なのです(^^)

2012.09.02 (日)
相方が録画していた番組なんですが

NHKのテレビで

スーパープレゼンテーション

ジル・ボルト・タイラーさんという
アメリカの脳解剖学者が 
自身の 脳卒中の体験をスピーチする番組を見ました。


とても強烈で


大急ぎで本を読みました。

奇跡の脳奇跡の脳
(2009/02)
ジル・ボルト テイラー

商品詳細を見る


左脳が 出血により 機能が衰えていく様子
身体がうまく動かない状態から、

自分が脳卒中になったと知って、
助けを呼ぶ電話をしようとしても
番号を認識する能力が だんだんと薄れていく

いかにして、職場の友人や
かかりつけの医師に助けを求める電話をしたか

普通ならなんてことのない
電話帳から 電話番号を探す作業が

物事を認識する左脳が
機能しなくなると

数字・文字を読めない、
それにどんな意味があるのかも理解できなくなる

一つの電話番号を探すのに
40分もかかってしまう。


助けが来るまでに
ご自身に起こったこと、
左脳の機能がいかに衰えていったかを
とてもリアルに描いています。


特に、衝撃を受けたのは

左脳のおしゃべりがなくなり
右脳が活発化し

穏やかさ 平和さ 静寂さを体験していく様子。


手術が無事終わって
左脳の機能の治療、リハビリが始まるのですが

常に、左脳の「物語作家」の部分に
巻き込まれないように

ご自身で いろいろ工夫されていく様子。

左脳が回復していくと、
「昔ならもっとできたのに、
今はこんなこともできない・・うんぬん」
こんなおしゃべりが始まるらしく、

ネガティブな気持ちになっていく。

でも、ネガティブモードは
身体に大きな負担になっていくことを実感。
回復に大きな障害となるから、

常に、ネガティブループにはまらないように
意識していくこと。

ご自身が経験し、意識した
いろいろな智慧が描かれています。




ちょうど、脳について興味を持ち始めたときだったので
タイムリーな出会いでした~~




テイラー博士のプレゼンテーション
こちらのサイトから見れます
↓↓
TED
2010.07.29 (木)
図書館で随分前に予約していた
バシャールと本田健さんの対談本
「未来は、えらべる!」がやってきました。

未来は、えらべる! バシャール 本田健未来は、えらべる! バシャール 本田健
(2010/03/25)
本田 健ダリル・アンカ

商品詳細を見る



予約していたこともすっかり忘れたときにやってきました

おそらく春にECTONのセミナーを受けた時から
自分の中のどんより~とした重い・・いえ想いがあって
じたばたじたばたしていました。

色々と不愉快なこともあったりして

自分の中の感情が問題なんだって分かっていても
どうにもならず

そんなときに、何人かの方から色々アドバイスを戴いて

自分でクリーニングしていきつつありました。

そんなときにやってきたこの本。

「ワクワク」を広めた(?)バシャール
私は以前バシャールの本を読んだときはさっぱり分からなかったけど、
この本は今までの中で、一番わかったというか、
腑に落ちた感じがしました。


『「謙虚」な人は「傲慢」!?』
これにはドッキリ

『人はそれぞれユニークです。みな、違っています。
でも、みなさんは、創造主(the Creation)によって、
無条件に等しくサポートされています。

「(本田)健さんは自分の情熱にしたがってうまくいった、
あの人もそうだ。でも、ちっぽけな私には、そのやり方は
うまくいかない」と思っているのは、実は、
「私はあまりにも違っていて特別で、ユニークな存在です。
つまり、創造物の中でもっとも傲慢な存在です」と言っているのと
同じことです。
なぜなら、「サポートされないのは、唯一、私だけだ」と
言っているのですから。』(P32)


「頭では理解できるけど、なかなか行動に移すのは難しい」は
ネガティブな観念のトリック(P24)



『多くの人は、「情熱を傾けられることさえやっていれば、
もう古い観念を見る必要はなくなる、
だから無視してもいいんだ」と考えています。
でも、真実は、まったく正反対です。
情熱にしたがって、行動することは、
自分がどんな観念を持っているかを
表面意識に浮かび上がらせてくれるだけではありません。
その観念を統合し、変容する能力を与えてくれます。

ワクワクすること、情熱にしたがうことは、
意識をきれいにする万能クリーナーと言っていいでしょう。』
(P22~23)


『毎瞬、毎瞬、ワクワクすることをやってください。
それは、いきなりライフワークや大きなプロジェクトに
取り組む選択をするということではありません。
「その瞬間瞬間において、自分の選べる選択肢の中で、
一番ワクワクするものを選んでください」と言っているのです。』(P41)



『一番強い観念は、それがどんなものであれ、
尊重しなければいけません。一番強い観念が、実現化するからです。
本人にとって無理のないやり方とペースで、
観念を手放すことが大切です。』(P43)


『覚えておいてください。
「情熱にしたがって生きる」といっても、好きでないことに
二度とぶつからないと言っているのではありません。
もしかしたら、逆に、自分が好きでない波動を持つ状況に、
もっとたくさん出会うかもしれません。
しかし、それらの状況は、「私はこれが好きではないんだ」と
教えるために起きています。
好きでないことにぶつかったときは、
「その状況をどうやったら、ポジティブに使えるか」を学ぶ
チャンスなのです。』(P51)



ワクワクにしたがって生きているとその分、
ネガティブな観念、不安がでてくるときもある、という質問に

『そのときこそ、ワクワクと不安の違いを学ぶチャンスです。
ワクワクは、自分のポジティブな観念とつながることで生まれます。
そして不安は、ネガティブな観念によって、
本当に自分からずれてしまうことから生まれます。
そのことを理解するチャンスなのです。
(中略)
本当に情熱を持っていることには、同時に、恐れも感じるものです。
その恐れを見なくてすむように、みなさんはあえて
「別のこと」をする場合があるのです。

だからこそ、自分自身について正直に検証することが必要です。
そして、観念の性質や構造を知る必要があります。それで初めて、
自分の状態がいったいどうなっているのかを理解できるのですから。』
(P75~76)

あと、豊かさに関しては、
私が以前チャネリングで得たメッセージと同じだったから
豊かさについて

すごくうれしかったです


昔読んだときは、ぴんっとこなかったバシャールの本。
この本は本当に面白かった
もしかしたら、私が「ワクワク」することが増えたからかも
そして、自分の内面と向き合っていけるようになったからかも。

ちょっとは進歩したのかも~
2009.09.10 (木)
「ザ・シークレット」が流行していたころ
マイミクさんに貸してもらった本、

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣
(2005/11)
エスター ヒックスジェリー ヒックス

商品詳細を見る


アメリカのスピリチュアルリーダーである
エスター&ジェリー・ヒックス夫妻が
「引き寄せの法則」を童話にして分かりやすく書いた本です。

読んだときは、「なかなかおもしろいよね~」ぐらいで
すぐ、忘れてしまったのですが

これの続編が出ていることに気づいて
地元の図書館で借りました。



物語で読む引き寄せの法則 サラとソロモンの友情物語で読む引き寄せの法則 サラとソロモンの友情
(2008/10)
エスター ヒックスジェリー ヒックス

商品詳細を見る



物語で読む引き寄せの法則 サラとソロモンの知恵物語で読む引き寄せの法則 サラとソロモンの知恵
(2008/11/19)
エスター&ジェリー ヒックス

商品詳細を見る


引き寄せの法則を知ると出てくる疑問、
それを登場人物がソロモンに質問していったり、
体験したりして、
読み手に分かりやすく説明してくれています。

第1話だけでは、消化不良なところもあったのですが、
シリーズで読むと、本当に具体的に分かりやすく描かれています。

主人公の少女サラ、
ふくろうのソロモンに話しかけられ、
いろいろなことを学んでいきます。
第1話では、ソロモンはいたずらな弟に殺されてしまいますが
ソロモンは、肉体を離れてもなお、サラに話しかけ続けます。

死などというものは存在しないこと。
どんな状況であれ、人は心地よくいられること。
人は幸せになれるように創られていること。
などなど、です。

第2話では、サラにセスという親友ができます。
彼は経済的に恵まれた家庭には育っていません。
父親の仕事の関係で、転校ばかりで
そのため、クラスメイトからからかわれたり、いじめられたりした経験をもちます。
そんなセスはソロモンに(セスのために、ソロモンは新しい肉体を持っています)

世の中はなぜ不公平なのか?
恵まれた人とそうでない人がいるのか?
を質問します。

ソロモンの答えは、
引力が地球上全ての人に作用することは知られているけれど、
それよりも強力な法則がある
それが「引き寄せの法則」なんだよ、と。

サラとセスは、ソロモンのアドバイスに従って
この後に起こる、さまざまな問題
セスのお父さんの失業と、そのために転校するかもしれない状況を
乗り越えていきます。

第3話では、サラとセスに新たな友達、アネットが加わります。
幼いときに母親に死に別れた少女です。
でも彼女は、明るい気持ちでいれば、
お母さんと話し合うことができる事を知っています。

セスが大怪我をして、
三人の大のお気に入りの場所、ツリーハウスに来られなくなります。
二人は心配ばかりしてしまいますが、
ソロモンは、
望みを明確に思い描き
(この場合は、セスが元気になって、大人たちに干渉されずに
三人の楽しい時間が過ごせるようになること)

ネガティブなことに意識を集中しないで、
(この場合はセスの怪我が治らないこと、また、治ってもセスの両親に遊びを止められること)

望みがどうかなうかは、宇宙にまかせて、
心から楽しいことをしたり思い描いたりする。それを楽しむ。

そうアドバイスします。

「人はすこしずつ心配のたねを見つけていき、そのたびに喜びを失っていく。
だがね、そうなるとはかぎらないのさ。垢をためこんで自分の輝き、喜びを曇らせることはない。
毎日すこしずつ自分の中の宝石をみがいていけば、明るく澄んでいられる。
そして気持ちがよくなる考えをさぐることで、誰でも思いたったときに自分をみがくことができる。」


セスが元気になって、それも色々なミラクルがおきて
また3人で遊べるようになり、
とてもよい気持ちでいるサラのところに、
とんだニュースがやってきます。

サラのお気に入りの川の手すり、寄りかかるのが大好きだった手すり、
それが取り壊されるというのです。

落ち込むサラに
「サラ、ぼくはきみに、ものごとの解決のしかたを教えてきたんじゃないよ。
ぼくが教えたのは、きみ自身をどう保つか、どんな波動に保つかだ。きみにふさわしい、
しあわせが訪れるのを受け入れるためにね。」

「状況を望ましいものに変えることは、ちがう状況を望む人たちと争うことじゃない。
それは、心地よい考えを見つけることによって、自分の望むものを認め、受け入れることだ。
(中略)きみが心地よい考えを見つけたら、きみは気持ちがよくなって、
寄りかかれる手すりは問題じゃなくなるのさ。」

「人は往々にして、いい気持ちになれる前に、状況はこうあるべきと思いこむものだ。
そして、自分には状況を望みどおりに変えられる力や人望や強みがないと悟ると、
不幸で無気力な人生に甘んじてしまう。
きみに理解してほしいのは、君の力はもっぱら、心地よさを保つように、
ものごとを見る能力にある、ということだ。
そして、そうした見方ができるときには、望みを何でも叶える力がそなわっているわけだ。」


「引き寄せの法則」が、お金や物質を手に入れる法則みたいに
言われがちですが、
この本を読むと、それだけではなくて、
いかに自分の人生を大切に、慈しんでいくか、
楽しい気持ちでいるのことがいかに重要かを
教えてくれているのだと、思います。

また読みたくなるシリーズです