2010.07.29 (木)
図書館で随分前に予約していた
バシャールと本田健さんの対談本
「未来は、えらべる!」がやってきました。

未来は、えらべる! バシャール 本田健未来は、えらべる! バシャール 本田健
(2010/03/25)
本田 健ダリル・アンカ

商品詳細を見る



予約していたこともすっかり忘れたときにやってきました

おそらく春にECTONのセミナーを受けた時から
自分の中のどんより~とした重い・・いえ想いがあって
じたばたじたばたしていました。

色々と不愉快なこともあったりして

自分の中の感情が問題なんだって分かっていても
どうにもならず

そんなときに、何人かの方から色々アドバイスを戴いて

自分でクリーニングしていきつつありました。

そんなときにやってきたこの本。

「ワクワク」を広めた(?)バシャール
私は以前バシャールの本を読んだときはさっぱり分からなかったけど、
この本は今までの中で、一番わかったというか、
腑に落ちた感じがしました。


『「謙虚」な人は「傲慢」!?』
これにはドッキリ

『人はそれぞれユニークです。みな、違っています。
でも、みなさんは、創造主(the Creation)によって、
無条件に等しくサポートされています。

「(本田)健さんは自分の情熱にしたがってうまくいった、
あの人もそうだ。でも、ちっぽけな私には、そのやり方は
うまくいかない」と思っているのは、実は、
「私はあまりにも違っていて特別で、ユニークな存在です。
つまり、創造物の中でもっとも傲慢な存在です」と言っているのと
同じことです。
なぜなら、「サポートされないのは、唯一、私だけだ」と
言っているのですから。』(P32)


「頭では理解できるけど、なかなか行動に移すのは難しい」は
ネガティブな観念のトリック(P24)



『多くの人は、「情熱を傾けられることさえやっていれば、
もう古い観念を見る必要はなくなる、
だから無視してもいいんだ」と考えています。
でも、真実は、まったく正反対です。
情熱にしたがって、行動することは、
自分がどんな観念を持っているかを
表面意識に浮かび上がらせてくれるだけではありません。
その観念を統合し、変容する能力を与えてくれます。

ワクワクすること、情熱にしたがうことは、
意識をきれいにする万能クリーナーと言っていいでしょう。』
(P22~23)


『毎瞬、毎瞬、ワクワクすることをやってください。
それは、いきなりライフワークや大きなプロジェクトに
取り組む選択をするということではありません。
「その瞬間瞬間において、自分の選べる選択肢の中で、
一番ワクワクするものを選んでください」と言っているのです。』(P41)



『一番強い観念は、それがどんなものであれ、
尊重しなければいけません。一番強い観念が、実現化するからです。
本人にとって無理のないやり方とペースで、
観念を手放すことが大切です。』(P43)


『覚えておいてください。
「情熱にしたがって生きる」といっても、好きでないことに
二度とぶつからないと言っているのではありません。
もしかしたら、逆に、自分が好きでない波動を持つ状況に、
もっとたくさん出会うかもしれません。
しかし、それらの状況は、「私はこれが好きではないんだ」と
教えるために起きています。
好きでないことにぶつかったときは、
「その状況をどうやったら、ポジティブに使えるか」を学ぶ
チャンスなのです。』(P51)



ワクワクにしたがって生きているとその分、
ネガティブな観念、不安がでてくるときもある、という質問に

『そのときこそ、ワクワクと不安の違いを学ぶチャンスです。
ワクワクは、自分のポジティブな観念とつながることで生まれます。
そして不安は、ネガティブな観念によって、
本当に自分からずれてしまうことから生まれます。
そのことを理解するチャンスなのです。
(中略)
本当に情熱を持っていることには、同時に、恐れも感じるものです。
その恐れを見なくてすむように、みなさんはあえて
「別のこと」をする場合があるのです。

だからこそ、自分自身について正直に検証することが必要です。
そして、観念の性質や構造を知る必要があります。それで初めて、
自分の状態がいったいどうなっているのかを理解できるのですから。』
(P75~76)

あと、豊かさに関しては、
私が以前チャネリングで得たメッセージと同じだったから
豊かさについて

すごくうれしかったです


昔読んだときは、ぴんっとこなかったバシャールの本。
この本は本当に面白かった
もしかしたら、私が「ワクワク」することが増えたからかも
そして、自分の内面と向き合っていけるようになったからかも。

ちょっとは進歩したのかも~
スポンサーサイト
旅行 2010.07.19 (月)
夏本番~の暑さになりました

3連休の中日、三重県の伊賀に向かいました。

まずは、伊賀の国一ノ宮
敢国(あえくに)神社へ参拝。

駐車場から鳥居に向かう表参道は古いお家の並びで風情あります。
麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩


近くに名阪国道が走っていますが、
のんびりしたところで、緑が気持ちよかったです
次から次へと参拝客が訪れて、地元の人から大切にされている
神社だと思いました。


車を走らせて、上野城址
麒麟と散歩



城内は公園になっていて、その中にある伊賀流忍者博物館を見て、忍者ショーを見ました。
本物の武器を使っての演武。
武器を一つ一つ説明してくれて、わかりやすくて、
そして、すごい迫力でした

麒麟と散歩

動きが早くて、写真撮るの難しい~

大人も子供もワイワイ、楽しんでました(もちろん私も


公園内を散策。
さすが忍者の里が近いからか
堀がたかーーーい

麒麟と散歩


覘くと怖かったです

展望もすばらしい
麒麟と散歩



現在の上野城は、昭和10年に再建されたものだそう。外観はモダンな感じがしました。
麒麟と散歩

今回は内部は見ませんでした。またの機会に。


お城を後にして、向かうは 今回のメイン

やぶっちゃの湯

温泉・旅行好きの知人イチオシ。
泉質がすごくいいそうです。

山の中にある、施設もきれいな温泉でした。



温泉に入っていると気づくこと。
もちろん、みなさん裸ですけど
いろんな年齢層の方がいます。
小さい子供さんからご年配の方まで。

みなさん、温泉に入っていると、お肌がつやつや~
おそらく、内側から温まっているんでしょう。

まさしく、エネルギーが高まっている感じ。

温泉って、究極のパワースポットかも

夏の温泉もいいもんです~
スポーツ 2010.07.15 (木)
ワールドカップが終わりました~

EUROで優勝したスペインが、
今回もかなり強いんじゃないかと言われていたら、
いきなりスイス戦でこけ、
その後の試合もなんだか地味に勝ち続け、
気づいたら、決勝

延長戦に入ったときに、
こりゃ2大会続けてPKかいな~と思ったら、
イニエスタのゴラッソ

思わず、腰が浮いていました やったー
(実はバルセロナファン)

大好きなカイトがいるオランダも応援していたんですが、
あんまり美しい試合運びをしなくて、
ちょっと残念でした

今回の大会は、アフリカ勢があまり活躍できなくて、
でもガーナはよかった!
ストライカーのギャンの踊りをもうちょっと見たかった

南米のウルグアイ・パラグアイのがんばりにも感動
チーム一丸となって守り抜き、最後まで試合をあきらめなかった。
その姿にうるうるきました

決して人口が多いわけでもなく、豊かな国でもない。
それでもこれだけの能力の高い選手を輩出できるんだから、
すごいとしか言いようがありません。

地震の被害にあったチリのがんばりもよかった!!

さすがに全試合観られませんでしたが、
色々感動あり、ぶーーーっ あり(審判の誤審騒動)
やっぱりワールドカップは楽しい

4年後も楽しみです

ただブブゼラはもうやめて~と願いたい。
あれ、確かにヒヒから家畜を守るために使うものだそうですが、
以前からアフリカのサッカー場にあった訳ではないそうです。
中国の工場が大量生産して送り出したらしい・・・
もういらなーい