スピリチュアル 2014.09.25 (木)
臨死体験 立花隆 思索ドキュメント 死ぬとき心はどうなるのか


録画していた番組を今日観ました。

科学的に、臨死体験とはどういうものなのか?

立花隆氏が取材していくドキュメンタリーで

現在の科学的な立場で、臨死体験がどう捉えられているのか、

いろいろな主張が紹介されていました。

1時間15分という時間枠においては、

あくまでも、説の紹介 という感じでした。



意識の量を数式で表す、というのは驚きましたけど、


そういえば、仏教では、唯識という学問があって
そこで意識を説明しています。
むずかしくって、ちんぷんかんぷんなんですけどね~


臨死体験でよくある、体外離脱というものは
脳内の現象である、といった説。

人間は想像力豊かだから、偽の記憶・フォールスメモリーを
起こしやすい、と言った説。


私が心に響いたのは、
ネルソン教授という方の語りでした。

思わず、記録しておきました。。



「そもそも科学は『どのような仕組みなのか』を追求するものです。

『なぜそのような仕組みが存在するのか』と問われても答えられません。

神秘的な体験をするとき、脳がどのように働くのかという科学的事実は
誰の信念も変えるものではありません。

脳は必ず神秘的な体験に参加するようにできているのですから。

しかしそれぞれの人が体験した神秘を、どう受け止めるのか、

必ずしも科学で証明する必要はないのです。

臨死体験をして亡きお母さんに出会ったとき、

それをお母さんの魂と受け止めるのか、
お母さんについての記憶だと受け止めるのか、

それはその人にしか決められない心の問題です。
その人の信念の問題なのです。」


ネルソン教授は、奥様が脳の病気で、余命わずか。
奥様はカトリックの信仰があって、
教授自身は、ただ奥様の信念に寄り添っているという感じがしました。


あの世があるのか、魂とは何か。

科学的に、脳が作用している、ということが証明されてきている、

となっても、

やはり、愛する人が亡くなって、光に包まれて穏やかでいるのだと
あの世があるのかもしれないと、

思った方が、私自身は幸せかなーーー


ネルソン教授の穏やかな口調に
激しく同意しながら、

改めてそう思ったのです。



スポンサーサイト
旅行 2014.09.19 (金)
美山町に行った翌日は、

我家は毎年この季節に行ってるなー
明日香村へ。
麒麟と散歩
こちらは、稲刈りは来週かしら?
まだ黄金色ではないところが多いです。


麒麟と散歩
コスモス

麒麟と散歩
曼珠沙華がきれいでした。

麒麟と散歩
飛鳥寺の郵便ポスト。
お寺の中にあるところが粋?
でもこんな色だっけ?





棚田のある稲渕地区では、案山子ロード開催中~
麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩





黄色の曼珠沙華を見ました~
麒麟と散歩
違う花に見える~


蝶もたくさん飛んでいましたよ~
麒麟と散歩

麒麟と散歩


飛行機雲
麒麟と散歩
まるで十字架のよう


麒麟と散歩
よいお散歩日和でした~
旅行 2014.09.18 (木)
先週末、京都まで車でドライブ

かやぶきの里で有名な、美山へ。


ここでは数十件のお家が今もかやぶき屋根なのです。
麒麟と散歩

麒麟と散歩

そろそろ、稲刈りの時期。
麒麟と散歩

黄金色
麒麟と散歩


麒麟と散歩


麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩
重厚な屋根。


麒麟と散歩
家の周りにはたくさんの花が咲いていて

麒麟と散歩


麒麟と散歩


麒麟と散歩


麒麟と散歩


麒麟と散歩

蝶やトンボや蜂もいっぱい飛んでいました


麒麟と散歩
「放水銃」と書かれた↑のようなものが、家の周囲にあって
消火施設も景観を損ねないように配慮されています。

この景観を維持するのは大変だろうなー。
地域の方々の努力と、配慮に脱帽。


麒麟と散歩

麒麟と散歩

まさしく、美しい山の村を楽しみました
2014.09.08 (月)
アロハ!  ヒューレン博士とホ・オポノポノの言葉アロハ! ヒューレン博士とホ・オポノポノの言葉
(2013/03/01)
平良アイリーン

商品詳細を見る


先日読み終えた本。

今まで読んだ、ホ・オポノポノの中で
一番わかりやすかったです。

博士の講演会やセミナーにも行ったけど、

博士の動きがエレガントだなーと思ってました。

そのことについて、著書である平良アイリーンさんが

「博士のまわりにあるさまざまなモノたちは、自分の存在をやっと認めてもらえたことに
喜んでいるように見える。博士の静かな優しさで、声を持たない存在がキラキラと、
そのいのちをもう一度輝かせてもらっているようにわたしには見える。(P135)」

と、書いていて、

あ!なるほどーーと思い至りました。

博士は、ご自身の目に入るものすべてを
慈しみながら、クリーニングしているんですよね、きっと。

クリーニングって、
単なる浄化ではないんだなーと。

ずっと、嫌な感情を浄化する作業とばかり
勘違いしていたけど、

ジャッジを手放して、

より、ニュートラルに、

より、今の瞬間にいる、

そのことに意識的である

そんな作業なんじゃないかな、と感じました。




「記憶中毒」という言葉がでてくるけど、

本当によく私は、過去の事、どんなことがあったか、どう感じたか

そんなこと、ぐるぐる回っていたりします(汗)

だから、目の前の事に気づかなかったり、
上の空だったり・・・


この本を読んで、クリーニングを思い出して、

常に内なるウニヒピリとともにいようと、心がけています。

すぐ、記憶の海に、漂いまくってますけどね(汗)

それでもクリーニング、なのです(^^)

日常 2014.09.04 (木)
先日、通院していた病院で、
「もう(通院しなくても)いいですよ~」と言われました。

いや~~長かった!!

昨年末に、足首の靭帯をほぼ断裂し、尾骨を骨折して

当初は、1か月くらいで治るかなーーー

なーんて思ってたけど、

なんのなんの

家の中のちょっとした段差でも
まさしくお手洗いにいくにも、杖が必要。
松葉杖がなければ、移動が全くできない日々が続きました。


お風呂は、足首にビニール巻いて
松葉杖ついて、軽くシャワーのみ。

真冬でしたから、寒かった。。。

布団の上を立てないから(さすがに布団の上で杖はつけない)
必然!這って移動するのですが

夜中に、その姿を見た相方に
「ひぇぇぇ~ リアル貞子!!」
とか言われ



ちっと思いながらも、
相方には、随分随分、世話になりました。

我家は、エレベーターのない5階建ての5階なので、
病院に行くにも、いろいろ大変。

普段なら1分もかからない、下りの階段が、
手すりにしがみついて、一歩一歩足を動かすので、
20分以上かかることも。


案外上りの階段の方が、早くにすてすてと
行けるようになりました。
今も下りは、足首に軽い痛みが走るので、かなり注意しています。

室内の移動に杖が要らなくなるまで、
2か月以上かかったかな?

暑くなるころには、動きもかなり早くなり、
足を固定する装具も、つけなくてもよくなりました。

まだ、満員電車や、人ごみに行くには
杖がある方が安定しますが
(ちょっとまだふらつくことも)

普段の生活には、ほぼ支障がありません。

自転車も乗れるようになり、
ああ移動できるって幸せ~~♪♪

とか心でつぶやいております


杖をついていると、人の親切が身に沁みます。
電車では、高校生から、ちょっと年配の方まで
多くの方が、席を譲ってくれました。

子供を2人連れて、赤ちゃんを抱いたお母さんに
席を譲られた時は、
「大丈夫です!すぐ降りますから!!」と
断りました。

親切な方は、本当に多いです


多くの方に助けていただきました。
励ましもいっぱい、いただきました。

ありがとうございました!!
麒麟と散歩


2014.09.02 (火)
mixiの方に先にアップしていたのですが、
こちらにも記しておきます。

スコティッシュフォールドという猫。

折れ耳がかわいいと、ブームになったそうです。
(ブームに疎い私は、知らなかったけど)

ですが、遺伝病を起こしやすく
遺棄されることも多いそうです。


かわいい、というだけで、繁殖させられ

歩くことも困難な障害を抱えることになるなんて。。。

くわしくは

「とわさんち 二軒目」

スコティッシュフォールドは繁殖しないで。

遺棄されたくるみちゃんは、それでも人間大好きっ子

また普段の生活には、支障はないようで、
キャットタワーに登ったりもできるそうです(^^)

くるみちゃん、すごい!
甘えたくるみちゃんに、心優しい里親さんが見つかりますように!!



それから、中之島猫の部屋 司令塔Aさんからの緊急のお願いです!!

大阪市淀川区十三付近で、猫のTNRをお手伝いしてくださる方を
大募集中です!!

また子猫の保護・一時預かりをしてくださる方も募集中です!!
詳しくは ↓↓
パピのねこ日記

どうぞよろしくお願いします!!!