スピリチュアル 2015.05.31 (日)
先日、ライフパスカウンセリングでの、
ミーディアムの体験会に参加してきました。

ミーディアムとは、日本でいう所の霊媒のこと。

日本独特の、ちょっとおどろおどろしぃ(苦笑)
感じのものとは違う(あくまでも私の感想ですが・・)

イギリスの専門のスクールで、レッスンを受けられた、
シオンさんがデモンストレーションをしてくださいました。

参加者は8名。

この参加者の中のゆかりのあるスピリット、
二人の方が来られてます~とのこと。

初めは、お若くして旅立った人で、
参加者の中の一人の方のご親戚でした。

そして、次、

シオンさん(以下略して『シ』)「女性で、しっかりしたお顔のかたです。」

シ「家にいるときもじっとしておられなくて、動き回っているようなかたです。」
シ「60代くらいで亡くなったようです。」
シ「長く病院で入院して、亡くなった、というのではないようです。」
シ「てきぱきとした方です。」
シ「家のこともきっちり掃除されていたようです。」

私は、もしかしたら、私の母かな!?と思ったのですが、

母が掃除好きというイメージがなかったので、
違うかなあ???と思ったり、ぐるぐるしていたのですが(^_^;)


シ「布を使っています。」

この一言で、私の母だと思いました!

若いときは洋裁が得意で、
私の小さい時の服は、ほとんど母が作ってくれてました。

とても上手で、センスもよく、着心地の良い服を作るので、

私が着れなくなったら、あちこちから、オファーがあって
親戚や近所の人にあげたので
私の小さい時の服は、一枚も残っていません。

そして、よくよく考えたら、
母は、50代頃にいろいろな病気になるのですが、

それまでは、仕事もしながら、
祖父母の介護にも通っていたときも、
家のこともきっちりこなしていたのです。

リウマチが進んでからは、料理以外は
かなり辛くなって、出来なくなっていきました。

でも、母の本来の姿は、
何事もきっちりてきぱきと、こなす人だったのです。

私は、病気をしてからのイメージに囚われていたから、
すっかり、母の本来の質を忘れていたのでした。

そして、そのことに気づいて、私は愕然となりました。。。


シオンさんが語る様子は、若い時の毅然とした母のものでした。

母からのメッセージは、とても簡単なものでしたけれど、
母が生前に語った言葉そのものでした。


なんだか、ものすごくリアルで、
呆然となりました^_^;


デモンストレーションが終わって、
シオンさんや参加者のみなさんと、いろいろ話していましたが、

亡くなっても、その人の個性、質、というものは
変わらないんだそうです。

メッセージを伝えてくるときは、
はっきりとその質、パーソナリティが出てくるそうで、

生前、言いたいことが言えず、黙ったままの人は
亡くなってからも、黙ったままだったり、

ハイカラな人だったら、粋なイメージで出てきたりするんだそうです。


ミーディアムのことは、本で読んだりしていたので、
わかったつもりでいましたが、

現実に、目の前でしていただくと、
迫力が違いました。

そして、亡くなったハズの存在が、リアルに感じられました。


お昼からは、葉子さんの唄とピアノの会。
とても楽しく、癒されました~♪♪
歌のチカラは、あらためて、すごい!!と思います(^^)


熊倉先生が詳しく書いておられます↓↓
ライフパスカウンセリング



スポンサーサイト
旅行 2015.05.25 (月)
土曜日に、早朝から京都へGO!

修学院離宮に行きました。
麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩
この日は、松の剪定が行われてました。

京都御苑が望めます(平地部分の左側、緑のあたり)
麒麟と散歩


建物内の戸や襖絵も、見事なもの。
麒麟と散歩

斬新な市松模様。
麒麟と散歩

祇園祭の絵。
麒麟と散歩

周遊するのに1時間半。
麒麟と散歩

麒麟と散歩


次に向かったのは、
麒麟と散歩
4月にも訪れた、桂離宮。


麒麟と散歩


麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩

前回と同じく、宮内庁の職員さんが案内してくださいました。
今回の方は、お茶室に使われた素材や意匠のこと
昭和にあった大修理のことなど
詳しく話してくださいました。

アタクシ、恥ずかしながら、お茶を習ったこともないので
お茶室のこととか、全く分からないのですが(^_^;)

ただ、同じところを見ても、
教えて頂くことが変わると、
また違う角度から眺められるんだなーーと思いました。

灯籠もいろいろあります。
麒麟と散歩




中には入れない書院。
麒麟と散歩

麒麟と散歩

前にも書きましたけど、桂離宮は、
上の写真のような橋や、飛び石だらけなので、
足元が結構アブナイです。

「今はバリアフリーとかいいますが、
昔の庭というものは、こういうものだったんですよ~」と、
案内役の職員さんがおっしゃってました。

昔の方は健脚だったんだなーと思ったり^_^;

見学者の中には、足を踏み外して怪我したり、
橋から落ちる人もいるんだそうです

意識を集中して足を踏みしめて
庭を鑑賞しなくちゃいけないんですね~



麒麟と散歩

麒麟と散歩
こちらは竹の穂垣。

麒麟と散歩
↑は、桂川沿いにある生垣。桂垣というそうです。
『敷地内に生えている竹を、根が生えたまま無理やり傾けて
竹垣の上に乗せ掛け、葉の付いたまま編み込んだものである。』(Wikipediaより)

生垣一つとっても、趣向が凝らされているのです。

ドイツの建築家 ブルーノ・タウトが絶賛した桂離宮は
海外でも有名なようで、
見学者の中に外国の方が何組かいました。

仙洞御所の時は、見学者は明らかに^_^; 
関西人ばかりでしたが、

桂離宮や修学院離宮は、関西以外の方が多いようでした。

若い人から年配の方、
ヒスパニック系から、フランス人?
いろんな方々がいて、賑やかでした。


次は、嵐山まで足を伸ばして、
麒麟と散歩
清凉寺。

国宝の釈迦如来、とても穏やかなお顔でした~
丁度、寺宝特別展もやっていて、
大きな阿弥陀三尊像や、エキゾチックな毘沙門天など
拝観してきました。

ちょうど、嵯峨祭りという、お祭り前らしく
麒麟と散歩
近くにお旅所が設けられてました。

嵐山は観光客でいっぱいだけど、
清凉寺付近は、まだ静かな方で
ゆっくり参拝できました~
旅行 2015.05.23 (土)
2日目は、
フラワーパークとっとり花回廊へ。

麒麟と散歩

麒麟と散歩
機関車のようなフラワートレインという車両に乗って、
広い園内を周れます。

麒麟と散歩
天気が良ければ、大山が望めたのに、
残念、時折雨がちらつく一日でした~

麒麟と散歩

麒麟と散歩


麒麟と散歩


麒麟と散歩


大きな温室もあって、そこには
ランがてんこ盛りでした~
麒麟と散歩

麒麟と散歩

牡丹も満開。
麒麟と散歩

ハーブガーデンやヨーロピアンガーデンがあって
一日ゆったり周れる所です。
(この日は雨だったので、あまり外には出れなかったですが)

麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩


次の日は、
麒麟と散歩
白兎神社に参拝。
因幡の白兎の伝説の地ですね。

麒麟と散歩
出雲地方に多い、お尻を上げた狛犬さん。

麒麟と散歩
白兎海岸。
夏は海水浴の人たちでいっぱいでしょう~


帰りは
若桜鉄道
蒸気機関車を眺めながら、
麒麟と散歩

帰路につきました~

大阪に入るころに、やっぱり渋滞に巻き込まれましたが

なんとか早めに帰ることができました~
おつかれさまでした~

麒麟と散歩
海を眺める姪。
来年は就職活動。
残り少ない学生生活を楽しんでね~
旅行 2015.05.22 (金)
GW後半、鳥取に行ってきました。

今回は義弟と姪っ子も一緒~

何回か鳥取には行ってますが
今回は初めて行くところをチョイス!


まずは智頭町へ。
麒麟と散歩

宿場町として栄えた町で、

国指定重要文化財である

麒麟と散歩
石谷家住宅が一般公開されています。

麒麟と散歩

こちら、ほんとに、すごいお家でした~
麒麟と散歩


麒麟と散歩


麒麟と散歩

とにかく広くて、部屋の細かな造りも凝っていました。

お庭も素晴らしかったのですが、
生憎の雨なので、縁側から眺めていました。
麒麟と散歩
ちなみに、背後の山、普通は借景ってところですが、
こちらは、全部石谷家のものだとか

ハンパない資産家なようです。

この重要文化財のお家も、
つい最近まで住んでおられたそうで、

智頭町に請われて、貸しているんだとか。。。

2階には神殿室というのがあって、一室まるまる神棚でした
その部屋に渡るのに、橋まであって、
麒麟と散歩
どこまで凝ってるんだーーと思いました


智頭町、あまり観光地化されていなくて、
しっとりとした緑の美しい町でした。
麒麟と散歩

美味しいお酒屋さんもありますよ~
諏訪酒造




次に向かった先は、
麒麟と散歩
鳥取市内にある、白亜の美しい建物、仁風閣

鳥取藩主池田仲博侯爵によって建てられた
ネオルネッサンス様式の建物。

明治40年に、後の大正天皇が皇太子時代、
山陰地方行啓にあわせて完成され、
皇太子殿下の宿舎として使用されたそうです。
麒麟と散歩

麒麟と散歩


洋式の建物の横には
麒麟と散歩

鳥取城址、石垣があります。

登っていくと
麒麟と散歩
鳥取市内と仁風閣が上から眺められます。


麒麟と散歩

麒麟と散歩


麒麟と散歩
変った球面の石垣。巻石垣というそうです。

石垣のたわみを防ぐために、補強のため用いられたそうで
巻石垣は、港や河川の工事に用いられることが多く
城郭の補強に使われるのは珍しいんだそうです。(Wikipediaより)


麒麟と散歩

旅行 2015.05.14 (木)
3日目、宿(会社の寮)をでて


麒麟と散歩
小諸市にある

麒麟と散歩

懐古園

小諸城址ですから、
麒麟と散歩

石垣が立派。
麒麟と散歩

麒麟と散歩
八重桜や

麒麟と散歩

麒麟と散歩
つつじが満開でした(^^)

麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩
千曲川が望めます。

麒麟と散歩
浅間山がよく見えました。


懐古園を後にして、
向かった先は、

麒麟と散歩
お前立本尊が御開帳ちうの
善光寺。

GW半ばとはいえ、一応平日でしたので
空いているかと思いきや、

すんごい人・人・人!

麒麟と散歩


駐車場もなかなか停められないし、

本堂の内陣に入るにも1時間以上かかりますよ~と言われ
(ちなみに内陣に入るには有料となります)

内陣でなくても、外陣からご本尊(お前立ですが)を拝めればいいよね~
となりまして、
詳しくは↓をクリック
善光寺 本堂のご案内

外陣はすんなり入れて、遠くからでもご本尊が見れました(^^)v

麒麟と散歩

左側の柱は、回向(えこう)柱といって、高さ約10m、
前立のご本尊と「善の綱」という綱で繋がっていて
(柱に結んである白い綱のこと)

前立本尊に触るのと同じ御利益があると言われているとか。

この柱の周りにもすごい人込みでした^_^;
(ちゃっかり触りました(^^)v)

上の写真の真ん中に写っているのが山門で、
こちらに上がることが出来ました。


麒麟と散歩
山門からの風景。

すごい人ですね^_^;

帰りの時間を考えて、早めに善光寺を後にしました。

ほんとは、東山魁夷美術館
行きたかったんですけどね~

また次回ということで~


帰りは、渋滞にもほとんど遭うこともなく、帰れました(^^)

83才の父、元気に歩いて、食べて、満喫してくれたようで
よかったです

次の日、自治会のイベントにも参加したそうで、
私より元気かも~^_^;

旅行 2015.05.13 (水)
2日目。

蓼科ビーナスラインをドライブ。
麒麟と散歩

とても良いお天気で、
まだ山にはうっすらと雪も残っていました。
麒麟と散歩

向かった先は、美ヶ原高原美術館。
ここには大きな駐車場があるので、ここに車を止めて
遊歩道を歩きます。

麒麟と散歩

ここは牛伏山。1990mあります。
麒麟と散歩
ここから、北アルプスが望めます。

麒麟と散歩
真ん中のとんがった山が槍ヶ岳(と、思います^_^;)


麒麟と散歩
こちらは八ヶ岳連峰。左側のもこっとした山は、蓼科山。

麒麟と散歩
たくさん見える塔は、テレビ中継塔。

トンビも空高く飛んでいます。
麒麟と散歩

麒麟と散歩


牛伏山を少し下ると、平原に出ます。
麒麟と散歩


麒麟と散歩


麒麟と散歩
こちらは、美しの塔。鐘が鳴らせます(^^)

ここで道を引き返します。
駐車場から早い人で30分~40分くらいで歩けるくらい。

父は83才ですが、比較的すてすてと歩けました。

私の方が、下りや岩のある道がまだ足元がふらつくので
杖をついているため、遅いくらいでした^_^;


美ヶ原高原美術館は、野外に彫刻を置いていて、
青い空に彫刻も映える・・かな
麒麟と散歩

麒麟と散歩
一度も入ったことがなく、歩道からいつも眺める程度^_^;


こちらの写真は、相方がデジカメで撮った写真
どうもモード設定を間違えた?ようで
なんだかトイ風味(^^)
麒麟と散歩

麒麟と散歩


良いお天気で、高原の景色も堪能
里に下りて、公共浴場に浸かって
宿に戻りました。
旅行 2015.05.12 (火)
GW、前半に

実家の家族と一緒に、信州に行きました。

中央自動車道の園原ICを降りて、月川温泉にある花桃の里

麒麟と散歩

麒麟と散歩


川沿いにたくさん花桃の木が植えられています。

麒麟と散歩

丁度満開で、多くの方でいっぱい。
大阪ではあまり知られていないけれど、
中部地方では有名だとか。。

麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩

手前は大きな枝垂れ桜まだ花が残っていました。

麒麟と散歩



散策してちょっと休憩。桜餅にも花桃の花びらがひらり~
麒麟と散歩



麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩

実家の父は、高遠の桜を見たかったらしいけど、
(GWは八重桜が満開の時がある)
ここの花桃の美しさに、とても喜んでいました(^^)v


ここを後にして、向かったのは

麒麟と散歩
諏訪大社。

ある方から年末に、ここにお参りされるといい、
どうもご先祖に関係することだから、と言われ

うちの実家に、信州地方出身者はいないはずだけど、
と思いながらも、

今回実家の家族と一緒に参拝する機会ができました(^^)
特に私が意図したことではなかったので、
これも何かのご縁かな。ありがたいなあ~