旅行 2015.06.11 (木)
土曜日に、奈良に行きました。

東大寺のすぐ近くにある
日本庭園 依水園(いすいえん)

麒麟と散歩

奈良の人もあまり知らないという、隠れ名所??

麒麟と散歩

とても広大な敷地、


麒麟と散歩
若草山・春日奥山・御笠山を借景とする、ものすごく贅沢な庭園です。

麒麟と散歩


麒麟と散歩


麒麟と散歩


麒麟と散歩


麒麟と散歩


麒麟と散歩
↑の写真、庭に面している建物のガラスに写った景色です。
なので、景色が逆に写っています(^^)

麒麟と散歩
こちらがそのままの景色。
庭から見える建物は、東大寺南大門。
他の建物は一切見えません。
なんて贅沢~


この庭には、東大寺にかつてあった(焼失したそうです)
7重の塔の礎石があるのですが、
麒麟と散歩


こういった石↓も所々にあって、
麒麟と散歩
これもお寺に使われていた石を貰い受けたのではないかなあ~(勝手な推測ですが)
歴史があって、ダイナミックな奈良な感じです(^^)


花菖蒲
麒麟と散歩

サツキ
麒麟と散歩

くちなしの花
麒麟と散歩

とても良いお天気で、
美しい庭園を堪能しました~


で、てくてく歩いて、
麒麟と散歩

鹿さんや、ほんっとにたくさんの修学旅行生にまぎれて

麒麟と散歩

麒麟と散歩
迫力の国宝、仁王さんを見て、

麒麟と散歩
大仏殿へ。

閉館前だったので、参拝客が少なくて、
こんなに人の少ない大仏殿は初めてでした(^^)

久しぶりに大仏殿に入ったんですが、びっくり!
内部での写真撮影がOKになってるんですねぇ~

全世界から観光客がくるから、
どんなに撮影禁止にしても、
今や簡単にスマホで撮れちゃうから、難しいのかなあ~

相方は撮りまくってましたが、さすがに私は出来ませんでした^_^;

まあ、内部が暗いので、ほとんどブレブレでしたけど^_^;

麒麟と散歩
これだけ、撮りました。かわいいから(^^)


先週から、ぎっくり背中?肩?みたいな症状で
要するに背中から首が痛くて(>_<)
夜も眠れないほどでしたが、
なんとか歩けました~
季節の変わり目は要注意ですぅぅぅ
スポンサーサイト
2015.06.10 (水)
『騎馬民族は来なかった』佐原 真著
という本を読みました。

たまたま目についたから読んだ、だけでしたが、

大変、分かりやすく、腑に落ちることが多い内容でした。


『紀元四、五世紀のころ、北アジアの遊牧民の流れをくむ騎馬民族が
日本を征服して王朝をたてた(本書「はじめに」より)』という学説を、

戦後間もない頃にとなえた江上波夫氏に対する反論、だそうですが、

え、そんな説あるの~~!?程度の超初心者なアタクシでも分かる内容でした。


よく、日本は農耕民族で、ヨーロッパは狩猟民族だ、と言われますが、
実際はそうではない。

日本の農業の歴史は世界史的にも遅いのだそうです。
日本は食料採集の時代が長く
ヨーロッパや中国に比べて六千年ほど遅れて農耕を始めたそうです。

考えたら、現代でもドイツやフランス、アメリカだって食料自給率は高いですもんね。

そして、日本では、農業といえば、食料栽培を主としますが

これは世界的に見ても少数派だそうです。

農耕をやりながら、ヤギ・ヒツジ・ウシ・ブタなどの食用家畜を飼っているのが
世界の主流なのだそうです。

日本では牛や馬を野良仕事で使うことはあったけれど、
食用として飼っていた訳ではなかった。

それから、畜産農民と非畜産農民の食の違いや

去勢の歴史に及びます。

日本では、去勢の知識が到来していても
広まることはありませんでした。

1725年、江戸時代に、去勢の技術知識が伝わってきたそうです。

畜産農民や遊牧民は、
群れ動物を扱うので、
結婚シーズンを迎えて気性が荒くなる動物を従順にするため、
安全に家畜を維持管理をするため、
去勢を行っていたのです。

非畜産農民である日本では、長く、その知識は必要がなかったんですね。

犬や猫と暮らすと
避妊去勢がいかに大事か、分かるのですが、

私も少しためらいがありました。
何て残酷な!と受け入れられない人も、
日本では今もいるのではないかと思います。

ですが、畜産農民としての歴史が長いヨーロッパ人は
人と暮らすためには、避妊去勢は必要だと、わかっているんでしょうね。。


他にも、畜産農民や遊牧民と、非畜産農民である日本人では
犠牲や血に関する考えが違うことなど、
とてもわかりやすく解説されてました。


最近スピリチュアル系の本ばかり読んでいて、
ちょっとバランスが悪いなーと思って、読んだ本でした。
こういう民俗学的アプローチは、自分の身近な生活にも関わることだから
読んでいて面白いです。