スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅行 2011.04.17 (日)
16日(土)早朝から吉野山へ向かいました。

吉野山は何度も訪れていますが、
桜の季節に来たのは初めて。

吉野は桜の名所。
おまけに世界遺産になったし、

4月になると車が大渋滞すると聞いていたので、
近寄れなかったのですが、
今年はぜひ、行ってみたいなあと思い立ちました。

最近では、山に行くには、交通規制があって
ふもとの大駐車場に車を置いて、
そこからシャトルバスに乗り換えることになっています。

あいにくの曇り空だけど、
朝の9時前には、シャトルバスも満員でした。

シャトルバスに乗って、中千本の駐車場で降ります。

そこからぶらぶら上千本まで歩きました。

駐車場近くの竹林院で

麒麟と散歩

前日の雨と風で、花が随分散っていましたが、とてもきれいでした。



吉野の桜は、とても歴史が古くて、
平安時代 修験道の開祖である 役の行者が
吉野で蔵王大権現を感得、
桜の木で像を彫ったところから、
後の信者たちによって、霊験があるとされた桜の木が
山に次々と植樹されたのだそうです。

一時期は10万本ほどあったとか。。。


麒麟と散歩


麒麟と散歩

麒麟と散歩


吉野の桜は 白山桜。
ソメイヨシノに比べて、小ぶりに感じるけど、
それが淡く山を染めます。

麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩


麒麟と散歩


吉野は、南北朝時代、南朝方の宮のあったところ。
悲しい歴史があるのだけど、それを感じさせないのは
この桜のおかげかも。


役の行者を祀る金峰山寺の境内では、桜のシンフォニーという
コンサートが行われていましたが、

麒麟と散歩


演目の間に、お坊さんが、
「もうすぐ14時46分になりますが、
私たちは毎日この時刻にお経を唱えています。

どうぞよろしければ、皆さんも
東日本大震災で亡くなられた方々へ、
また、今被災されている方々が一刻も早く穏やかな生活に戻れますよう、
祈っていただけませんか?」

と、呼びかけられ、そこにいた多くの参拝者、いえ、ほとんどの人たちが
黙祷をささげました。


改めて、ここは祈りの地なんだと、実感しました。


麒麟と散歩

被災された方々が、早く穏やかに桜が見れますように
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kirinuni.blog.fc2.com/tb.php/100-b260bd61

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。