旅行 2011.08.09 (火)
夏本番~
パソコンの前にいるのが暑くて、ブログも更新怠りがちです~

7月の連休にびわ湖に行ってきました


まずは西国33ヶ所 

麒麟と散歩

観音正寺

参道には
麒麟と散歩

こんな標語が掲げられていて、読みながら、楽しんで歩けます

麒麟と散歩

比較的新しいお寺なのかと思ったのですが、
創建は古くて、聖徳太子の時代だそうです。
火災で焼失して、平成16年に再建されたとか。

麒麟と散歩

かわいい信楽焼きのたぬきさんと

麒麟と散歩
お寺の看板猫さんに歓迎(?)されました

寝ているところを、私が写真を撮っていると、
お寺の人が起こしてくれました。。。
なんか悪かったような~
とても人懐こい仔でした

新しい社殿でしたが、とても清らかで、気持ちのいい気を感じました
白檀でつくられた千手観音さまも、お美しかったです


次に向かったのは
石馬寺

なぜか一枚も写真を撮っていない!!!
なので、文章のみで失礼します。。。

予定に入ってなかったお寺だったのですが、
相方が看板を見て、妙に行きたがって、
石段をすたすた昇っていきました。

とても暑くて、もうふらふらで、
石段がまたきつくて~
お寺に着くと、静かで、誰もいないようだし、
降りようか~と話していると、
お坊さんが出てこられて、気さくに話しかけてくれました。
(お若い住職さんでした)

もうじき団体さんが来られるので、
一緒にご案内しますよ~と言ってくださったので、
せっかくなので、堂内を案内していただきました。

ここも観音正寺と同じく、聖徳太子とご縁のあるお寺で、
聖徳太子が連れてきた馬が、太子が山に登っている間に
石に変わっていて、そこから「石馬寺」と名づけられたそうです。

宝物館には何体もの仏像が祀られていて
びっくりしたのは、役の行者の像。
とても迫力があって、見とれてしまいました

有名な像らしく、『特別展 白洲正子「神と仏、自然への祈り」』という
展覧会に出展されていて、全国をまわっていて、
ちょうど帰ってきたところだったそうです。

もしかしたら、役の行者さんに呼ばれたのかな~???えへへ~

石馬寺は禅宗のお寺なので、なぜ役の行者像があるのか?
ちょっと不思議に思ったのですが、
もともとは天台宗だったそうです。

戦国時代に廃れて、江戸時代に再興されたとか。
この像の由来なども残っていないそうで、
すぐ近くに神社もあることから、
神仏習合や修験道の信仰の地だったのかもしれません。

にぎやかな団体さんと一緒に、楽しく拝観できました
住職さんのお話が軽快で面白かったです

この日は奥びわ湖に泊まりました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kirinuni.blog.fc2.com/tb.php/108-1113f23d