旅行 2013.11.14 (木)
11月2日、良いお天気の中、京都へ行きました。


麒麟と散歩

白い山茶花かな? が咲いていました~


まず訪れた場所は
麒麟と散歩
豊国神社

地続きにある方広寺にある梵鐘には
麒麟と散歩

徳川家康が因縁をつけた有名な文字が、白く囲まれていました。
よくこんなところで、ケンカのネタを探せるなあと、ある意味感心。。


また、てくてく歩いて、
麒麟と散歩

六波羅蜜寺。

ここは、私的には、とてもツボ!でした~
なんかとても心地よくて~
やわらかな、やはり観音様を祀っているからかなあ

有名な、平清盛坐像や、空也上人が口から阿弥陀仏を出す像も見れます!

近くの六道珍皇寺へも参拝。
麒麟と散歩

閻魔大王の役人を務めたという伝説をもつ 
小野篁(おののたかむら)ゆかりのお寺。

ちょっと怖いかも・・・と思ったけど、
訪れると、思った以上に優しい気がしました。



さて、次に向かった先は
麒麟と散歩

京都御所、一般公開!!
今回のメイン!!

さすがにすんごい人ごみでした!!


広い敷地、ゆっくり巡っていきます。

なにがすごいって
麒麟と散歩

建物の中の襖絵を外から見れて、
写真が撮れること(笑)

麒麟と散歩



麒麟と散歩


麒麟と散歩


紫宸殿 
麒麟と散歩

こちらが左近の桜
麒麟と散歩

右近の橘
麒麟と散歩


「東遊(あずまあそび)」という雅楽を模した人形
麒麟と散歩

離れたところから見ると、本当に人が舞っているのかと思いました

そして庭園
麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩

麒麟と散歩

とてもきれいに整えられていて、松が見事!でした。

最後に見れた襖絵
麒麟と散歩

美しい花鳥図。
孝明天皇の書見の間にあった障壁画だそうです。

御所って、フランスでいうベルサイユ宮殿とか
ウィーンのホーフブルグ王宮みたいなものかな?

ヨーロッパの派手さはないけれど、
日本の気候、日本人にあう、染み込むような美しさだなあと思います!

子供時代にはわからなかったなあ。。。

すばらしい美を見ることができて、ご満悦~でした
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kirinuni.blog.fc2.com/tb.php/163-a1326a02