スピリチュアル 2015.05.31 (日)
先日、ライフパスカウンセリングでの、
ミーディアムの体験会に参加してきました。

ミーディアムとは、日本でいう所の霊媒のこと。

日本独特の、ちょっとおどろおどろしぃ(苦笑)
感じのものとは違う(あくまでも私の感想ですが・・)

イギリスの専門のスクールで、レッスンを受けられた、
シオンさんがデモンストレーションをしてくださいました。

参加者は8名。

この参加者の中のゆかりのあるスピリット、
二人の方が来られてます~とのこと。

初めは、お若くして旅立った人で、
参加者の中の一人の方のご親戚でした。

そして、次、

シオンさん(以下略して『シ』)「女性で、しっかりしたお顔のかたです。」

シ「家にいるときもじっとしておられなくて、動き回っているようなかたです。」
シ「60代くらいで亡くなったようです。」
シ「長く病院で入院して、亡くなった、というのではないようです。」
シ「てきぱきとした方です。」
シ「家のこともきっちり掃除されていたようです。」

私は、もしかしたら、私の母かな!?と思ったのですが、

母が掃除好きというイメージがなかったので、
違うかなあ???と思ったり、ぐるぐるしていたのですが(^_^;)


シ「布を使っています。」

この一言で、私の母だと思いました!

若いときは洋裁が得意で、
私の小さい時の服は、ほとんど母が作ってくれてました。

とても上手で、センスもよく、着心地の良い服を作るので、

私が着れなくなったら、あちこちから、オファーがあって
親戚や近所の人にあげたので
私の小さい時の服は、一枚も残っていません。

そして、よくよく考えたら、
母は、50代頃にいろいろな病気になるのですが、

それまでは、仕事もしながら、
祖父母の介護にも通っていたときも、
家のこともきっちりこなしていたのです。

リウマチが進んでからは、料理以外は
かなり辛くなって、出来なくなっていきました。

でも、母の本来の姿は、
何事もきっちりてきぱきと、こなす人だったのです。

私は、病気をしてからのイメージに囚われていたから、
すっかり、母の本来の質を忘れていたのでした。

そして、そのことに気づいて、私は愕然となりました。。。


シオンさんが語る様子は、若い時の毅然とした母のものでした。

母からのメッセージは、とても簡単なものでしたけれど、
母が生前に語った言葉そのものでした。


なんだか、ものすごくリアルで、
呆然となりました^_^;


デモンストレーションが終わって、
シオンさんや参加者のみなさんと、いろいろ話していましたが、

亡くなっても、その人の個性、質、というものは
変わらないんだそうです。

メッセージを伝えてくるときは、
はっきりとその質、パーソナリティが出てくるそうで、

生前、言いたいことが言えず、黙ったままの人は
亡くなってからも、黙ったままだったり、

ハイカラな人だったら、粋なイメージで出てきたりするんだそうです。


ミーディアムのことは、本で読んだりしていたので、
わかったつもりでいましたが、

現実に、目の前でしていただくと、
迫力が違いました。

そして、亡くなったハズの存在が、リアルに感じられました。


お昼からは、葉子さんの唄とピアノの会。
とても楽しく、癒されました~♪♪
歌のチカラは、あらためて、すごい!!と思います(^^)


熊倉先生が詳しく書いておられます↓↓
ライフパスカウンセリング



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kirinuni.blog.fc2.com/tb.php/231-a6176de0