スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅行 2016.02.16 (火)
11日、とても良いお天気、

京都へ向かいました。

京都の新しい名所
麒麟と散歩

将軍塚 青龍殿

もともと北野天満宮前にあった、大正時代建築の武道場が、解体されることとなり
それを惜しんだ青蓮院が、この地に移築再建したもの。

中に、国宝の青不動明王図が安置されています(見ることができるのは複製です)。

で、まるで清水寺の舞台のような
麒麟と散歩

青龍殿の裏手に、大きな舞台が出来て

麒麟と散歩

京都市内が一望できます!!

麒麟と散歩

上の写真、左上側、大文字焼きの「法」の字が見えます。
真ん中下の伽藍は、金戒光明寺、左側の塔は真如堂の塔かな

麒麟と散歩

良いお天気で、とっても気持ちよかったです(^^)


麒麟と散歩
舞台には、期間限定で、ガラスの茶室が展示されてますー

麒麟と散歩
こちらが将軍塚。

世の中に異変がある時、この塚が鳴動するとか。。。


麒麟と散歩

庭園もあって、今は、春に向けての整備中。
桜の季節はとてもきれいだろうなー


次に向かったのは、
麒麟と散歩

妙心寺。
現在、冬の文化財特別公開中なのです。

塔頭のひとつ、玉鳳院
普段は公開されていませんが、
特別拝観できて、
麒麟と散歩
このような襖絵が公開されてます(↑の写真は外の看板を写したものです。堂内は撮影禁止です)。

玉鳳院は、妙心寺発祥の地で、
創建した、95代の花園法皇と無相大師を祀っています。
妙心寺のなかでも神聖な場所だそうです。

こちらの平唐門
麒麟と散歩

妙心寺も応仁の乱で焼失したそうですが、
この門は残り
麒麟と散歩
矢じりの跡が残っているのです。



妙心寺 天球院にも行きました。
こちらも特別公開中。

狩野山楽・山雪による障壁画が、見事でした~

特別公開は、ガイドさんがついてくださって、丁寧に説明してくださいます。
いろいろと教えてくださるので、面白いですー


相方が前から見たがっていた
妙心寺 法堂 雲竜図も見に行きました。

天井に八方睨みと言われる大きな龍の図。

見上げていたら、首が痛くなります^_^;

見る場所によって、龍の表情が違うのが面白いです(^^)



妙心寺を後にして、北野天満宮へ向かいました。

麒麟と散歩

梅園の梅はまだ3~5分咲きくらいかな?

境内の梅は満開でした(^^)
麒麟と散歩

よい香りでした~
麒麟と散歩

名物の長五郎餅
買って、帰路につきました~
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kirinuni.blog.fc2.com/tb.php/255-13dadedd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。