スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.29 (木)
図書館で随分前に予約していた
バシャールと本田健さんの対談本
「未来は、えらべる!」がやってきました。

未来は、えらべる! バシャール 本田健未来は、えらべる! バシャール 本田健
(2010/03/25)
本田 健ダリル・アンカ

商品詳細を見る



予約していたこともすっかり忘れたときにやってきました

おそらく春にECTONのセミナーを受けた時から
自分の中のどんより~とした重い・・いえ想いがあって
じたばたじたばたしていました。

色々と不愉快なこともあったりして

自分の中の感情が問題なんだって分かっていても
どうにもならず

そんなときに、何人かの方から色々アドバイスを戴いて

自分でクリーニングしていきつつありました。

そんなときにやってきたこの本。

「ワクワク」を広めた(?)バシャール
私は以前バシャールの本を読んだときはさっぱり分からなかったけど、
この本は今までの中で、一番わかったというか、
腑に落ちた感じがしました。


『「謙虚」な人は「傲慢」!?』
これにはドッキリ

『人はそれぞれユニークです。みな、違っています。
でも、みなさんは、創造主(the Creation)によって、
無条件に等しくサポートされています。

「(本田)健さんは自分の情熱にしたがってうまくいった、
あの人もそうだ。でも、ちっぽけな私には、そのやり方は
うまくいかない」と思っているのは、実は、
「私はあまりにも違っていて特別で、ユニークな存在です。
つまり、創造物の中でもっとも傲慢な存在です」と言っているのと
同じことです。
なぜなら、「サポートされないのは、唯一、私だけだ」と
言っているのですから。』(P32)


「頭では理解できるけど、なかなか行動に移すのは難しい」は
ネガティブな観念のトリック(P24)



『多くの人は、「情熱を傾けられることさえやっていれば、
もう古い観念を見る必要はなくなる、
だから無視してもいいんだ」と考えています。
でも、真実は、まったく正反対です。
情熱にしたがって、行動することは、
自分がどんな観念を持っているかを
表面意識に浮かび上がらせてくれるだけではありません。
その観念を統合し、変容する能力を与えてくれます。

ワクワクすること、情熱にしたがうことは、
意識をきれいにする万能クリーナーと言っていいでしょう。』
(P22~23)


『毎瞬、毎瞬、ワクワクすることをやってください。
それは、いきなりライフワークや大きなプロジェクトに
取り組む選択をするということではありません。
「その瞬間瞬間において、自分の選べる選択肢の中で、
一番ワクワクするものを選んでください」と言っているのです。』(P41)



『一番強い観念は、それがどんなものであれ、
尊重しなければいけません。一番強い観念が、実現化するからです。
本人にとって無理のないやり方とペースで、
観念を手放すことが大切です。』(P43)


『覚えておいてください。
「情熱にしたがって生きる」といっても、好きでないことに
二度とぶつからないと言っているのではありません。
もしかしたら、逆に、自分が好きでない波動を持つ状況に、
もっとたくさん出会うかもしれません。
しかし、それらの状況は、「私はこれが好きではないんだ」と
教えるために起きています。
好きでないことにぶつかったときは、
「その状況をどうやったら、ポジティブに使えるか」を学ぶ
チャンスなのです。』(P51)



ワクワクにしたがって生きているとその分、
ネガティブな観念、不安がでてくるときもある、という質問に

『そのときこそ、ワクワクと不安の違いを学ぶチャンスです。
ワクワクは、自分のポジティブな観念とつながることで生まれます。
そして不安は、ネガティブな観念によって、
本当に自分からずれてしまうことから生まれます。
そのことを理解するチャンスなのです。
(中略)
本当に情熱を持っていることには、同時に、恐れも感じるものです。
その恐れを見なくてすむように、みなさんはあえて
「別のこと」をする場合があるのです。

だからこそ、自分自身について正直に検証することが必要です。
そして、観念の性質や構造を知る必要があります。それで初めて、
自分の状態がいったいどうなっているのかを理解できるのですから。』
(P75~76)

あと、豊かさに関しては、
私が以前チャネリングで得たメッセージと同じだったから
豊かさについて

すごくうれしかったです


昔読んだときは、ぴんっとこなかったバシャールの本。
この本は本当に面白かった
もしかしたら、私が「ワクワク」することが増えたからかも
そして、自分の内面と向き合っていけるようになったからかも。

ちょっとは進歩したのかも~
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kirinuni.blog.fc2.com/tb.php/69-fc6ff2d2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。