未分類 2010.11.14 (日)
私が週に1回、お掃除に通っている
「猫の部屋」
http://plaza.rakuten.co.jp/nekomat/

中之島公園の猫たちが(当時は猫80匹、犬10匹ほど)、
3年前、大規模工事で行き場をなくし、
立ち上がったボランティアさんたちが保護。
ボランティアさんたちは、大阪市を相手に、懸命に訴え、
地道にブログで全国に情報を発信、
多くの仔たちが、里親さんの元に引き取られ、
今も全国の多くの人たちから支援物資や、声援をいただき
現在20数匹の猫たちが、猫の部屋で無事に保護されています。

その活動が、やっと 大阪市から正式に認められました。
平松市長の記者会見


「猫の部屋」は大阪市の市有地に場所を借りているのですが、
毎年春には 撤去させられる怖れがある・・・という不安定な状況でした。

現実に、行政内部から、かなりの反対もあったそうです。
ですが、平松市長が決断して、正式に認める声明を出してくださいました。

「猫の部屋」を立ち上げ、寝る間も惜しんで
ブログを書き続けたTさん姉妹

代表として行政に訴え続け、忙しい仕事の合間に、
ボランティアさんたちにも「普通の感覚」で
作業を続けられるよう色々配慮してくださったAさん

公園の猫たちの現状を憂い、「猫の部屋」存続に
後押ししてくださった公園事務所の方たち

みなさん、休む暇も惜しんでこの活動を続けてこられました。

たくさんの「想い」が、やっと一つの形として
公に認められたように感じます。




何年か前に、野鳥保護活動をされている知人が

「野良犬・野良猫なんて本来ありえないのよ。
彼らは人間と一緒に住むように改良されているからね。
彼らが野にいることは、自然の生態系に大きく影響を及ぼすのよ」

と、言っていたことがいつまでも頭から離れません。

寒い空の下で、凍え震える命が、少しでもなくなりますように。

へたれな私が出来ることは、本当に本当に些細なことだけど、
出来る限り続けていきたいです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kirinuni.blog.fc2.com/tb.php/80-e4dd1a64