スピリチュアル 2011.02.08 (火)
私には、チエ という名前の、妹のような、犬がいました。

彼女は、私が結婚する前に、亡くなりました。

本当の妹のように、けんかしたり、いけずしたり、
私が悲しいとき、辛いときには、そばに寄り添ってくれました。

彼女がいなくなって、長い間、泣いてばかりいましたが、

そんな私を助けてくれたのは、実家のご近所の猫、ミミちゃん。

ご飯をあげたこともないのに、気があったのか、
母を病院に連れて行って、帰ってきた後、
家の前の道路で、よく一緒にいてくれました。

そんなミミちゃんも不慮の事故で亡くなりました。

泣いていた私に、母が、

「チエの夢をみたのよ~ チエがね、
灰色のモップみたいなのと一緒に仲良くいるのよ~」

・・・・・・・


ミミちゃんはグレーのチンチラミックス。
まあ、モップに見えなくもないけどね・・・

母いわく、「だから、ミミちゃんは大丈夫よ~」

母の夢はいつも、暗示的なものだったり、
予言めいたものもあったり。
そのせいか、私はずいぶん、母のその夢のおかげで
気が楽になりました。

チエが、ミミちゃんを、天国でうけいれてくれたのかな、
そんな感じがしました。



しばらくして、また母が
「チエの夢を見たのよ~
チエねぇ~高野山のふもとで生まれ変わっていたのよ。
ものすごく毛並みがつやつやで、かわいがってもらっているみたい。
私を見て、ものすごくうれしそうに、抱きついてきたのよ~」

?????

その夢の話を聞いたときは、よく意味がわからなかったけど、
まあ、なんとなく、いい夢なのかなあ、と
母と話していました。
母はとてもうれしそうでした。


その2ヵ月後、母は、旅立ちました。



母の死後、スピリチュアルな本を読み始めて、ある本に、

人間と暮らした動物が死んだら
その動物を世話してくれる守護霊のような存在がいて、
飼い主からはぐれて、とまどっている動物たちを
しっかりケアしてくれて、
飼い主が死後の世界にやってくるまで
きちんと世話をしてくれる・・・

そのようなことが書かれていて、

母の夢の意味を私なりに理解しました。

チエは、死後の世界でも、しっかりケアされていて、
母がやってくるのを待っていたんだ・・と。

母もチエも、ミミちゃんも大丈夫、
だから、私も元気でいこう~



先日、たまたまこの歌を食事中に聞いてしまって
旅立った、大好きな存在のことをいろいろ、思ってしまって
おセンチになってしまいました。

でも、ほんと、いい曲です。。。

木蘭の涙
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kirinuni.blog.fc2.com/tb.php/89-f06c0228