未分類 2011.02.16 (水)
神倉神社を後にして、向かった先は、


麒麟と散歩

熊野三山のひとつ、熊野速玉大社

世界遺産です

速玉大社は、1000点以上もの古神宝類を所蔵していて、
その一部を、境内にある神宝館で見ることができます。

10年ほど前に参拝した折、時間の都合で寄れなかったのですが、
今回はこの神宝類を見たいと思っていました。

入館料500円払って、館に入りますと、案外狭い。。。

照明も暗いし、建物も古いし、なんだかほこりっぽいし
いいものはあまり展示してないのかなぁ~なんて、
失礼なことを思って見ていたんですが・・・

よく見ると、展示している細工物も衣装も見事なものが多くて
展示物の名前を記している札に、「国宝」「重要文化財」の文字ばかり

皇室や室町幕府の将軍・足利義満が奉納したものが多いのだそうで。

貴族か、皇室の女性が使っていたのでしょうか、
化粧道具をいれた蒔絵手箱の
素晴らしい細工に眼が釘付け~

太刀や玉佩(ぎょくはい)という
高い地位の人がつける細工物(アクセサリー?)も
とてもきれいで、見惚れてしまいました~

熊野は、神仏習合がさかんな地域で、
仏教の影響を受けて、神像がつくられ、信仰の対象となっていたそうで、
神像の複製も見ることができました。


500円で、これだけの宝物が見れるなんて、お得~


次は阿須賀神社。
秦の始皇帝が不老長寿の薬を探してくるよう命じた、
徐福という人のお墓があるところでもあります。

それは伝説かもしれませんが、
社殿の背後にある蓬莱山をご神体とする古い信仰があったそうです。

麒麟と散歩

境内には山茶花や梅が咲いていました。

麒麟と散歩


麒麟と散歩


さて、阿須賀神社を後にして、



麒麟と散歩

那智の滝に向かいました。


麒麟と散歩

山の中にあるので、昨日の雨の影響で、とても寒かったのですが
やはりここはとても素晴らしい気です

麒麟と散歩

麒麟と散歩

滝を堪能して、熊野を後にしました
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kirinuni.blog.fc2.com/tb.php/92-dcc75c1b